ドッグフードの賞味期限

ドッグフードの賞味期限

ドッグフードは、毎日愛犬に食べさせるものなので、安く売っている時には買いだめしておきたいものですが、賞味期限がもちろんあります。
パッケージに賞味期限が記入されていますが、これは未開封で所定の環境に置いてあることが前提です。
大きな袋に入っているようなドライフードは、開封後の保管方法や開封後の賞味期限も気になります。

ドッグフードにはシリアルのようになっているドライフードと、缶詰やレトルトパックに入っているウェットフードの2種類があって、その種類によって保管方法や開封後の賞味期限が異なります。
ドライフードの場合、大きな袋に入っているものが多いので、開封後は直射日光が当たらない、高温多湿にならない場所に保管するようにしましょう。

ドライフードは穀物が主成分になっているものも多く、その場合はコクゾウムシなど、お米につくのと同じような害虫が発生することがよくありますし、湿気てしまうこともあるのでそれらを避けるために別の密閉容器に移し替えるのもいいでしょう。
ただし、その際には賞味期限がわからなくなりやすいので、かならずわかるようにしておきます。

ドライフードの場合、開封後はだいたい1か月が賞味期限となります。
缶詰やレトルトパックなどに入っているウェットフードの場合は、必ず別の容器に入れて冷蔵庫で保管するようにします。

ウェットフードの開封後の賞味期限は1日が限度です。
それ以上保管しなくてはいけない場合は、冷凍保存もできますが、なるべく早く食べるようにします。
ドライフードもウェットフードのように冷蔵庫に保管した方がいいのではないかと思う方もいるようですが、ドライフードの場合は量が多く冷蔵庫から出し入れをする回数が多くなってしまうので、その間に低温と室温の温度差によって湿気やカビが発生しやすくなるため、冷蔵後での保管は不向きです。

保存料を使用していないドッグフードを与えている方も多いと思いますが、その分腐りやすくなっているので賞味期限には充分注意が必要です。
また、冷蔵庫で保管しているウェットフードは常温に戻して与えたほうが、犬の体に余計な刺激を与える心配がありません。
ドライのドッグフードを選ぶ場合、小分けされているタイプのほうが開封後の保存が楽になります。

ページのトップへ戻る