粗悪なドッグフードって?

粗悪なドッグフードって?

どのドッグフードにもパッケージには犬の健康を考え、栄養バランスを考えている…といった言葉が並んでいます。
ところが、そんなドッグフードの中には、粗悪な原料を使っている物もあるのです。
そういったドッグフードを食べさせ続けると、体質など犬の健康面に悪影響を与えることになります。
毎日食べるものですから、品質のいいものをきちんと選んで食べさせてあげることが大切です。

ドッグフードはたくさんのメーカーから出ていますが、原材料の表記をみれば粗悪なものかどうかを判断することができます。
まず、肉の原料にミート・パウダー・エキス・ミールと書いてあったら危険です。
これらはいずれも、人間の食用にする食品基準に満たなかった肉である可能性があります。
何らかの原因で死んだり、死にかけたりした動物の肉や、病気の動物の肉が原料になっている可能性があります。
パウダーやエキスの場合、肉を粉々に加工してあるのでもとの状態が全くわからなくなっています。
ひどいものになると、肉以外のひづめや毛皮などが入っていることもあります。

「動物性油脂」は何の脂が混ざっているのかが分からなくなっていますし、「肉類」は何の動物の肉か分からなくなっているので危険です。
また、酸化防止剤として使用されるBHAという物質は発がん性物質があります。
原材料のまずさを隠すために使われている可能性が高い香料や着色料が使われてないドッグフードがおすすめです。
毎日犬に与えるものなので、ついつい低価格なものを選びがちですが、犬の体を考えたら多少値段が高くても品質のいいものを選びたいものです。

家族同然のペットですから、毎日食べるものには気を配ってあげたいものです。
有名ブランドのドッグフードや値段の高いものであれば大丈夫と思いがちです。
しかしパッケージの表記をちゃんと確認して本当に安全なものかどうかをしっかり確認することが大切です。
評判の良いドッグフードだからと安心せず、自分の目で確かめてから購入しましょう。

ページのトップへ戻る