栄養バランスのとれたドッグフード

栄養バランスのとれたドッグフード

ドライタイプのドッグフードは大きな袋に入っているので、1度購入すると何日も同じものを与えることになります。
犬専用の食事なので栄養バランスがいいとは思いますが、毎日同じものを与えていて栄養が偏ることはないのでしょうか?
ほとんどのドッグフードは犬が必要とする栄養基準を満たすよう考えられ、栄養がバランス良く調整して作られているので、毎日同じものを与えても全く問題ありません。
パッケージに「総合栄養食」と書かれいるものを選ぶようにしましょう。

犬に必要な栄養素は、炭水化物、タンパク質、脂質、ビタミン、水、ミネラルの6つです。
なかでも、動物性タンパク質が一番必要な栄養素となります。
犬は雑食と言われていますが、祖先はオオカミなのでもともとは肉食の動物です。
人間に飼われるようになってから雑食になったので、本来必要な食べ物は「肉」なのです。

人間と同じような感覚で「健康のために野菜を多めに」とか、「毎日同じ食べ物はよくない」といった考え方は間違いです。
そのため、動物性タンパク質が多く含まれるドッグフードを選ぶことが大切です。

ドッグフードを与えていても、犬の体調を考えて量を減らしたり、脂質やカロリーを抑えたドッグフードを与えていると、いつの間にか栄養不足になることがあります。
タンパク質や脂質が足りなくなると体温が低くなりさまざまな病気にかかりやすくなります。
カルシウムやマグネシウム、リンなどが不足すると、骨や歯がもろくなってきてしまいます。

犬は栄養失調になると歯が欠けたり抜けたり、皮膚病になったり、不眠になったりしやすくなります。
皮膚病などは栄養失調が原因とは思いにくいのですが、栄養失調が原因でさまざまな病気になるので素人判断で食事の量を調節するのは危険です。

本来肉食である犬ですが、市販されている多くのドッグフードはコストを抑えるために穀類が中心となっている物が多くなっています。
愛犬の健康を考えるのであれば、動物性タンパク質を覆う含むおいしいドッグフードを選んであげたいものです。

ページのトップへ戻る