良質なドッグフードってどういうもの?

良質なドッグフードってどういうもの?

人間は体にいい食事をしたいと思ったら、自分で食材や調理法を選ぶことができますが、ペットの犬たちにはそれができません。
愛犬の健康管理は飼い主が責任を持ってしてあげなければいけません。
毎日食べるドッグフードはできるだけ良質なものを選んであげたいものです。

市販されているドッグフードはいろいろなものがあり、原材料もさまざまです。
中にはコストを下げるために質の悪い原材料を使った粗悪なドッグフードもあります。

犬は炭水化物を消化するのが苦手なので、大豆や小麦、トウモロコシなどを使っていないドッグフードを選びましょう。
こうした穀類はアレルギーの原因にもなります。
また、トウモロコシは便を硬くする働きがあるので、獣医さんから指導される療養食の中に含まれていることがありますが、これはあくまでも病気治療が目的なので、健康な犬に毎日与える必要はありません。
犬の便が硬くなると飼い主の処理がしやすいので、多くのドッグフードにトウモロコシが含まれていますが、犬の体にとってそれがいいこととはとても考えられません。

犬はもともと肉食なので動物性タンパク質を多く含んだドッグフードが最適です。
体の仕組みが炭水化物を消化できるようになっていないので、必要以上に摂取させると太りやすくなってしまいます。

人間と同じで添加物は体に悪影響を与えます。
化学調味料や香料、着色料、酸化防止剤などが含まれていない無添加ドッグフードを選びましょう。

いろいろなメーカーから、ワンランク上の「プレミアム」といったドッグフードも多く販売されていますが、どんなものでもまずは原材料に何が使われているかをよく見極めることが良質なドッグフードを選ぶコツになります。
また、ドイツ製のドッグフードは品質が高いことで有名です。

安全性が高く、良質な素材を使ったドッグフードは他のものに比べて値段が高くなっています。
高いものは買いたくないのは誰もが思うことですが、家族同様の愛犬の健康を考えるとドッグフードの多少の出費はやむをえないのかもしれません。
ドッグフードの変更時は一気に変えないで徐々に慣れさせましょう。

ページのトップへ戻る