手作りドッグフードの作り方

手作りドッグフードの作り方

犬のご飯というと、一昔前なら人間の食事を与えていましたが、ドッグフードが開発されて以降、犬にはドッグフードを与えることが当たり前になりました。
しかし最近では、ドッグフードの他に犬のご飯を手作りするという人も増えてきているようです。
また、アレルギー対策に手作りドッグフードを与える方もいるようです。

普段、愛犬にドッグフードを与えている人は、手作りのドッグフードと聞くと「細かい決まりがあって大変なんじゃないの?」と思う人が多いようですが、実はそうでもありません。
人間と違って、食べさせてはいけない食材というものがありますが、それだけしっかり把握すればそうむずかしいことではないのです。

もちろんカロリーに気を配ることは大切ですが、犬のカロリーはその体型に合わせれば簡単に把握することができます。
塩分が少ない方がいいということもありますが、犬にも多少の塩分は必要なので、塩分を含まない食材をわざわざ選んだりする必要はありません。

ただ、せっかくドッグフードを手作りするのですから、食材は安全なものを選ぶようにしましょう。
これももちろん、同じ動物ですから「人間が食べて安全なもの」であれば問題ありません。

犬と人間とでは消化器官の作りや機能が違いますので、食べさせてはいけない食材だけはしっかり覚える必要があります。
まず、イカやタコといった消化がしにくい食材です。
消化がしにくい食材は胃腸に負担をかけるので避けるようにします。
香辛料も胃腸を刺激する恐れがあるので避けましょう。
ネギ類は赤血球を履かして中毒を招く恐れがあるので危険です。

あとは食材をよく加熱すればOKです。
味付けは特に必要なく、きちんと冷まして与えるようにします。
手作りのドッグフードは一般的に特別な日や消化器官が弱っている時などに与えます。
健康な犬の場合は栄養バランスがしっかり整っているドッグフードがおすすめです。

食材の大きさは小さく切って、水分を多めにするというところに気を付ければ、他に難しいきまりはありません。
肉や野菜を煮込んで、ごはんにかけるだけで手作りドッグフードの完成です。

ページのトップへ戻る